') ?> BLOG | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 2011年9月 Archive

BLOG

2011年9月 Archive

ワインドモデル開発1

2011年9月29日

tachi_w1.jpg

パームスエルアでは、ただいまワインド専用モデルの開発を進行中。

関東近県では駿河湾、東京湾口から狙えるショアタチウオ、さらにただいま各地で接岸している青物、そしてシーバス、マゴチなどがメーンターゲットになります。
特にショアからのタチウオゲームでは、関東でも確実にワインドの有効性が浸透してきつつあります。

現在ブランクの実釣テストの段階です。
ワインド専用ロッドに最も重要なダートを生みだす操作性、そして、1日中使える軽快さに重点を置いて開発しています。

いずれもそのキモはブランクにあります。
ダート性能を引きだすために、ブランクに求められるのは、一本背骨の通ったパワーと瞬発力です。これはリグをダートさせるためにラインスラックを容易に生むことができる操作性とも言い換えられます。
入力→ダート→入力→ダートと思われる操作は、実際は入力→ダート&ラインスラック→入力→ダート&ラインスラックなのです。

アングラーの入力は、ダートのきっかけであって、ダートの振り幅はラインスラックによってもたらされるためです。
そのためロッドブランクには、入力(アングラーによるジャーク)のインパクトを大きくしたうえで、短時間で収束させることが重量になります。
それはティップに負荷が掛かってから、戻るまでのスピードとパワーのバランスで決定します。

そう聞くと、ティップまでバキバキのロッドが使いやすい?と思われるかもしれませんが、それではロッドは重くなるばかりで、とても使い物にはなりません。
あくまでもロッドのベンドがその仕事するようにしなくてはいけないのです。
実釣テストでは、そのバランスを追求していきます。
是非ご期待ください。

 

tachi_w2.jpg

armor_absolute1.jpg

 

 

ティップラン=アーマークラッドというほどの好評をいただいたアーマークラッドFOASシリーズ。
ただいまPALMS・ELUAでは、ニューアーマークラッドの発売に向けサンプルテストの最中です。

ニューモデルのネーミングは「アーマークラッド・アブソリュート」一部外観が仕上がったサンプルがこの写真です。

ティップランゲームの先駆けの一端を担ったアーマークラッドの次世代モデルだけに、ヤワなモデルチェンジでは終わらせません。
より高い完成度を目指し、今シーズン徹底したテストの期間に充て、2012年の発売を目指しています。

来月からは各種媒体にてこの釣りのフロンティアである、クレイジーオーシャンの古田友大氏の釣行の様子も発表の予定です。

当ブログでも製品開発の進行を随時掲載していきますので、是非ご期待ください。

ss130_01.jpg

 

 ミルドレッドのジョイントのカラーリングは12色程度を予定しています。
現在発売されている70Sのカラーは8色ですから、新たに4色程度増えることになります。2012年1月位からの発売を目指しています。

 

 

 

1