') ?> BLOG | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 2012年4月 Archive

BLOG

2012年4月 Archive

tr_campaign.jpg

ティップラン専用シリーズとして生まれ変わったアーマークラッドにはそのメソッドを強く意味するTRの名を加えデビューとなりました。
先行発売する“ASGS-81 SESOR SPRINT”は「キャストティップ」という新たなメソッドに向けた専用ロッドです。
この釣法は、ティップランメソッドとは逆舷に構え、餌木をキャストした後に、船の流れた分だけリトリーブし、一点で餌木を操作することが大きな特徴です。縦方向に餌木をアピールすることで、従来の横方向の釣りとは異なるアプローチを可能にします。アオリイカがシャローレンジを意識するこれからの梅雨時期には親イカに特に効果をもたらします。

さて、いよいよこのモデルの初回出荷が始まりました。
そこで、今回は発売を記念して
「キャストティップLet's TRY!キャンペーン」を実施します。
“ASGS-81 SESOR SPRINT”をお買い上げの方に
「キャストティップ基礎講座」DVD(非売品)をプレゼントいたします。
コレを見れば一目瞭然!ニューメソッドの魅力を十分にお伝えできる内容となっています。

「Let'sTRY!」どっぷりとはまること間違い無し!!

製品ページはこちら

 

 

searapture_img.jpg

今シーズン、パームスエルアから発売となるオフショアロッドシリーズ「シーラプチャー」。
最終サンプルでの実釣も順調に進み、6月には店頭に並ぶ予定です。
今回はシーラプチャーの最終プロトのテストシーンを交えて、そのポテンシャルの一部を紹介します。

アングラーは松本仁氏。ショア、オフショア問わず大型青物をメーンに狙っている彼が、今回手にしたのは、シーラプチャー・キャスティングモデルのSCGS-78MH。シリーズの中では最もヘビーな、MAX100gまでをキャストウエイトとするモデル。

全国的に遅れ気味の海は、玄海灘でも同じこと。桜の開花とともにようやく始まった春シーズン。狙いはヒラマサである。ベイトはトビウオ、サンマ、イワシ、ヤズと多彩。魚の活性自体は高いものの、時間帯によって捕食対象が刻々と変化するため、パターンが絞り込めない難しい状況。その中で大型が捕食しているサンマのナブラに狙いを絞る。

「SCGS-78MHは、8フィートクラスに引けを取らないロングキャストができます。これはナブラ撃ちには欠かせない性能です。掛けてからはトルクも十分ですね。今回の10kg.13kgのヒラマサはほぼラインを出さずに浮かせてます。これなら15kgクラスもねじ伏せることができるでしょう」

DSC_4971.jpg
DSC_4958.jpg

キャスティングモデルではLクラスからMHクラスを、ジギングモデルではMLクラスからMHクラスまで。充実のラインナップでオフショアゲームをサポートするシーラプチャーの発売はもうすぐ。是非ご期待ください。

Tackle
REEL:10000XG with12000スプール
LINE:PE5号 リーダー130lb.

1