アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > シーラプチャーの発売までいよいよカウントダウン開始

BLOG
searapture_img.jpg

今シーズン、パームスエルアから発売となるオフショアロッドシリーズ「シーラプチャー」。
最終サンプルでの実釣も順調に進み、6月には店頭に並ぶ予定です。
今回はシーラプチャーの最終プロトのテストシーンを交えて、そのポテンシャルの一部を紹介します。

アングラーは松本仁氏。ショア、オフショア問わず大型青物をメーンに狙っている彼が、今回手にしたのは、シーラプチャー・キャスティングモデルのSCGS-78MH。シリーズの中では最もヘビーな、MAX100gまでをキャストウエイトとするモデル。

全国的に遅れ気味の海は、玄海灘でも同じこと。桜の開花とともにようやく始まった春シーズン。狙いはヒラマサである。ベイトはトビウオ、サンマ、イワシ、ヤズと多彩。魚の活性自体は高いものの、時間帯によって捕食対象が刻々と変化するため、パターンが絞り込めない難しい状況。その中で大型が捕食しているサンマのナブラに狙いを絞る。

「SCGS-78MHは、8フィートクラスに引けを取らないロングキャストができます。これはナブラ撃ちには欠かせない性能です。掛けてからはトルクも十分ですね。今回の10kg.13kgのヒラマサはほぼラインを出さずに浮かせてます。これなら15kgクラスもねじ伏せることができるでしょう」

DSC_4971.jpg
DSC_4958.jpg

キャスティングモデルではLクラスからMHクラスを、ジギングモデルではMLクラスからMHクラスまで。充実のラインナップでオフショアゲームをサポートするシーラプチャーの発売はもうすぐ。是非ご期待ください。

Tackle
REEL:10000XG with12000スプール
LINE:PE5号 リーダー130lb.