アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Accessories Archive

BLOG

Accessories Archive

飯田重祐

  僕が長年使っているブレディのバッグは今でも十分実用的だし、何よりとても気に入っている大切なフィッシングアイテムです。でも最近は汚れも目立ち、そろそろ勇退させてもいいかなと思っていました。
 そんな時、友人から北海道の馬具屋を紹介され、訪れる機会がありました。以前から革製品には興味があったのですが、工房をお邪魔するのは初めてです。その小さなファクトリーは競走馬用の材料、革製品で溢れ極めて良質なハンドメイド製品を造り出していました。
 ここならバッグが造れるかもしれないと思ったので翌週にはサンプルの制作を依頼していました。何といっても少数精鋭でコミュニケーションが取りやすそうなのが魅力でした。
 そのファーストサンプルがこのバッグ。忙しい合い間にしっかり造ってくれた欧州で鞣した牛革での完全ハンドメイドである。時間の経過とともに風合いが増しそうな色である。
 先ずはサンプルを持って釣りに出掛けた。実際に釣りに行かないと分からないことも多いからだ。『そんな本革バッグ釣りに使えないよ』というブーイングは無視し雨の日も使ってみたし、徒渉では水に浸かったりもした。
 使っていると革独特の匂いが何とも心地良い。
さらに、この日は尺上ヤマメがたくさん釣れていうことなし。
 とにかくファーストサンプルは合格点。まだ改良、軽量化の余地はあるので次のサンプル待ち、製品化を目指しています。
 でも世界でただ一つのバッグ。僕はこのサンプルだけで十分満足なんだけどね。


伊藤圭一

シーバスをメーンとするショアゲームに向けたフローティングタックルベスト「ショアジャケット」がこの春登場予定です。

使いやすさで好評をいただいたパームスタックルベストType1とType2のフラップ機能を融合し、そのコンセプト引き継ぎながらフロート機能をプラス。ここにショアアングラー向けベストの最終仕様が決定しました。

黒を基調とした精悍なイメージどおりハードな使用にも対応する堅牢な素材と使い勝手を最大限に考慮した仕様です。日々、シーバスを追い求めるアングラーを始めとする全てのショアアングラーに自信をもってお奨めできる仕上がりとなっています。

 

<セパレートバックポケット>

バックポケットは異なる2サイズをセパレートで用意しました。大きい方は使用頻度の少ない予備のツールやルアーボックスを収納するのに最適な大型サイズです。もう一方の縦長の狭いポケットはペットボトルにジャストサイズ。水分補給に携帯したいボトルを操作を妨げないバックに収納するために設けた専用ポケットです。 
どちらもジッパーにより2ヶ所からエントリーできる仕様です。着用していても底部の開口から取りだしが可能です。


<フラップポケット>

左メーンポケットの前面にルアーローテーションが素早くできるフラップ式開口ポケットを設けました。ディッピングメッシュの編み目を利用し、長さの異なるルアーでも任意の位置にフックを通し最適な配置が可能です。状況に応じたルアーセレクトをこのポケットに用意しておくことで瞬時にルアーを交換することができ、貴重なヒットタイミングを有効に使えます。

発売は4月中旬を予定しています。

伊藤圭一


アングラーのマナーの向上で装着率が格段に上がったエアボンベ式救命胴衣。釣行の際はもはや忘れてはならないアイテムです。
弊社でもラインナップにあったインフレータブルプリザーバーが来春、新しく変わります。その最終仕様が決りましたのでいち早くご案内いたします。

画像の通り3色の仕様が確定し、後はパッケージを検討中。既存のモデルのような収納に便利なメッシュバックを付ける予定です。

現行品との大きな違いは「国土交通省型式承認品」「自動膨張式」としたことです。
乗り合い船で法定備品着用を義務づけられたところでも使用できます。また手動式(マニュアルタイプ)のメンテナンスの容易さ、リーズナブルというメリットもありますが今回は自動式(オートタイプ)を採用。
落水時のパニックやマニュアル操作が不可能な状況下でも自動で膨張し安全を確保できます。

シンプルでコンパクト、「ヤシの木」マークも主張するニューインフレータブルプリザーバー。来春3月上旬の出荷予定ですのでどうぞお楽しみに。

‹‹ 1  2  3  4  5  6