アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Accessories Archive

BLOG

Accessories Archive

飯田重祐

ウッド製ボックスの続報です。前回のサンプルから若干の修正を行いました。
先ず、ボックスの外周の板厚を5mm~7mmに変更。これは強度アップを目的にしています。蝶番のサイズを大きくし渋めのブロンズカラーに変更。
パーテーションと天板の隙間を少なくし精度を高めました。フタを固定するのはネオジウム磁石。これは同じです。
ヒノキとアガチスという素材に変更はありません。どちらを選ぶかはかなり迷うはず。

いよいよ最終サンプルも完成、プライスは¥5,670(本体価格¥5,400)です。8月のデリバリーを予定しています。

使ってみた感想。ルアーがボックスに当たる音が心地良い。この音が嫌いな人はムートンワレットがいいと思うけど、現在プラスチックのケースを使って音が気にならないアングラーにはぜひ使って、使い込んでもらいたいです。


 

ウッド製BOX by ANRE'S

2006年6月28日

飯田 重祐

ANRE'Sのルアー収納システム。ムートンワレットに続く第2弾はウッド製のルアーBOXです。
フライの世界では美しく、機能的なBOXが数多く見受けられます。材質も多彩でアルミ、ABS、ウッド等様々です。ではルアーの世界ではどうでしょう?
僕の見る限り大量生産された安価なプラBOXが主流の気がします。プラBOXの扱いやすさ、安価は大変魅力的ですが、自分の大切なルアーを入れて保管するにはバランスが悪いと思います。特にバルサ、ウッド製のルアーを収納するには役不足だと思っていました。

僕の製作したサンプルはチーク材を使用、オイルフィニッシュで作ってみました。

これはこれで味わいがあったけど材料の入手の関係でペンディング中です。本番の製品、材質はヒノキとアガチス。ヒノキは経年するにつれ味わいのある色に変色していきますし、アガチスは長く使っていても狂いの少ない木材です。



内部の仕切りは2パターン。4~6cmのルアーを20個前後収納できるタイプと10~12cmのルアーを5~7本収納できるタイプです。蝶番は2箇所、ネオジウム磁石2箇所で開閉、固定します。蓋の中央にはANRE'Sのロゴ入り真鍮製のプレートをはめ込みました。

7月15日から放映される『トラウトギャラリー』ではこのサンプルを使用していますし、ギジーの新製品案内、トラウティストの新製品コーナーでも紹介される予定です。その時には値段も御案内できるでしょう。


Tシャツ担当

パームスの06’Tシャツがやっと出来ました。

本格的な夏を前に、皆さんにお届けできるので制作側としては少しホッとしています。しかし通常から考えると、この時期のTシャツ販売は遅れ気味なのです。それは皆さんも感じていますでしょうか。遅れたのは、デザインを決めるのに時間がかかってしまったからなのです。

今年のTシャツは、2デザイン構成です。コンセプトはモノトーン基調のシンプルなデザインとカジュアルなデザインでした。制作工程としては、まずTシャツの素材を決めます。今回は、U.S.Cotton(米綿)100%を使用しています。この綿は特有のザラ感を演出します。そしてTシャツの形です。アメリカンサイズのTシャツは、私たち日本人の体形には大きすぎて、余計なゆとりが出てしまいます。そこで、無駄な余裕をなくしたスタイリッシュな形にしました。着心地は抜群だと思います。

と、ここまでは順調でした。
そのあとは、散々苦労したデザインの作成です。2タイプ合わせて約40前後のデザインを作りました。40といっても全部が全部、まったく異なったデザインというわけではなく、多少の変化を加えたものもあります。それでもそれらを考えるのに何週間もかかってしまい予定を大幅に押したのです。社内で検討し、それらの中から選ばれたものが、今年のTシャツとして商品化されました。
私なりの、デザイン作成の苦労話などが色々ありますが、長くなるのでやめておきます。

完成したTシャツについては、このホームページの「アクセサリー」のページに載っていますので、ぜひご覧下さい。
皆さんに格好良いと言ってもらえるように、そして釣り以外でもいつでも着ていただけるようにデザインして作りました。今年の夏は、カッコよくいきませんか?


‹‹ 1  2  3  4  5  6