アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 Archive

BLOG

沼田純一 Archive

tw1b.jpg
メッキやデイシーバスに向けたトゥイッチング専用モデル

ショアガンシリーズからトゥイッチング専用モデルがリリースになりました。
今回はこのショアガン・トゥイッチャーの紹介です。
さて、この専用モデル。ラインアップは下写真のように3機種となります。

パワー設定はULとLクラス。
ULはいわゆるマイクロプラグから小型ジグなど、最大7gまでのルアーに対応します。
対象魚のイメージはメッキを筆頭としたライトターゲット。
Lクラスは最大12gまで対応になり、80mm前後のシンキングミノーやスリムフローティングであれば100mmクラスもキャスト可能。
ターゲットのイメージはシーバス〜良型メッキになります。

tw2b.jpg
ラインアップはこの3機種。6ftクラスはUL、7ftモデルはLパワー

これらトゥイッチング専用モデル、ロッドの方向性は当然ながらトゥイッチを快適にこなすことです。
ところで、ショアガンにはシリーズ発表当時からUL、Lと両方のパワークラスはすでに存在しています。
これらはショアキャストによるゲーム全般に向けたアクションということで、ファストテーパーによるキャスタビリティと、リトリーブ&ロッドワークいずれにも対応する懐の深さを求めたものでした。
それは対応するルアーウエイト範囲内であれば、多彩なゲームに対応することを意味します。

一方、今回発売になるトゥイッチャーは、テーパーを変え、ティップパワーを調整することで、より手元の操作をダイレクトにルアーに伝えることを目指しています。
アクションのイメージをイラストに起こすと、下図のイメージになります。
ちょっと誇張しているので、実際はこれほど大きな違いは見て取れませんが、実際に使うとその差を感じることができます。
テーパーはノーマルのショアガンよりもやや後ろでベンドピークを描きます。

昨今はシンキングタイプを使って飛距離を稼ぐことが主流です。
そのため、ルアーウエイトの増加に伴って、水噛みを良くするために、比較的大型のリップを備えるモデルが多くなってきました。
これはラインの変遷、モノフィラメントがメーンの時はどうしてもフローティングミノーのレスポンスの良さに頼るところがあったものが、PEラインではダイレクトに力を伝達できるようになった、という点もあるかもしれません。
そのうえでさらに、高抵抗のルアーを簡単にアクションさせるためにロッドができる仕事がないか、という結果がこのテーパーでした。

curve_b.jpg

“ルアーを操作する”だけであれば、実は2つの選択肢があります。
それはギリギリまでテーパーを先に持ってくることで、実際にはティップ先端直下のセクションを活かしてルアーを操作する方向。
もう1つはややテーパーを下げてティップ先端付近のパワーを引きだすことです。

前者では基本的にベンドピークから下のセクションはパワーを維持するために、全体としてパワーの立ち上がりが強く、場合によってはライトゲームならではのスリリングなやりとりをスポイルしかねません。
後者はベンドを下に持ってくることで、ダイレクトにティップのパワーをルアーに伝えるイメージ。ベンドピークから下のパワーを調整することで、ルアーの操作性を維持しつつも、ファイトを堪能できるパワー設定が可能になります。加えて、マイクロプラグのキャスタビリティも上がるのです。(これは少ないキャスト負荷でも、よりバット近くのパワーを使えるため)。

ショアガン・トゥイチャーは後者のテーパーになるのですが、あまりにそれを極端にすると、ロッドはダルが顔を出します。このあたりは社内設計だからこそ可能になる微調整。
実際6ft台のモデルと7ftモデルではテーパーが異なります。

tw3b.jpg
昨シーズンはテスト期間。小町広一による実釣シーンの1コマ
tw4b.jpg
メッキを思う存分に楽しめるULクラス

昨年のメッキシーズンはテスト期間でした。
フィールドテスター小町広一らとともにフィールドテストを行ってきました。
回遊が少なかった年でしたが、しっかりと地元相模湾で結果が出ています。
さて、今年はどうでしょうか?

最後は沖縄の実釣から。

tw5b.jpg
カスミのメッキ。ロッドは69UL・TWITCHER
tw6b.jpg
沖縄の人気ターゲット・タマン。フッキング直後のランは強烈
long_jig_1.jpg
プロトにホロ加工を施したテストサンプル

先月のブログでも紹介したZetZのニューモデルジグ。外房へのテスト釣行が続いています。
持ち込んだのはウエイトバランスの異なる4種類のモデル。アウトラインはこれまでの実釣で固まったものの、ジャークへの追従性やフォール姿勢、そしてなにょり実際に魚が釣れるアクションへと作り込んでいくのはここからの作業です。ちなみにいままでのモデルは、前回のブログでも紹介した通り、魚の反応は得られるものの、そこにはある程度マッチするタックルや釣り方を要求する傾向がありました。具体的にはロッドパワーであったり、ピッチの幅であったりなのですが、これらが噛みあうとイメージ通りにバイトを得られるものの、それに対応する幅がやや狭めといったところが改良点でした。

long_jig_2.jpg
ジャークへのレスポンスもチェック
long_jig_3.jpg
ロッドも各種持ちこんで、操作性を確認する

テスト用のタックルは、シーラプチャーM、MLパワーとメタルウィッチ5、6パワーの4本。メタルウィッチはライトジギングモデルながら、青物モデルの高番手はテクニカルな釣りを要求される外房にはもってこい。ちなみにパワーの並びはシーラプチャー59M>59ML≧メタルウィッチ636B>595B。の順番。シーラプチャー59MLとメタルウィッチ596Bはロッド全体のパワーは近いのですが、アクションの違いからシーラプチャーのほうがティップにパワーを与えた仕様になっています。イメージとしてはメタルウィッチはより繊細なティップでジグのアクションをコントロールするといった感じです。

long_jig_4.jpg
この時期らしいヒラマサをキャッチ
long_jig_5.jpg
屈指のフィールドである外房。ここでブラッシュアップしていく

ジグのウエイトは110g台と130g台。それぞれを各ロッドに組み合わせていきます。一流し目から反応があったのはメタルウィッチ636Bに結んだ110gプロト。ややピッチを落としたところで口を使いました。次はシーラプチャー59Mでのハイピッチ。それでも変わらず水中のジグの挙動はイメージできています。ただそこは外房。毎度同じアクションに反応するほど簡単ではありません。ここからは各種ジグとロッドとのコンビネーションを変え、最適なアクションを探ります。潮が緩んだところではメタルウィッチ636Bと、わずかにバックとテールのウエイトを落としたジグに反応が続いて、これが正解!と思ったものの、次の流しは無反応、、、。だからこそテストには最適、なのですけどね。
終わってみれば2人で9本という結果でした。

long_jig_6.jpg
わずかな形状の違いが、圧倒的なアクションの差となって表れる

ハイピッチでジャークをする際の使いやすさ、ティップ操作だけでタイトなアクションを引きだす時のフォールと回頭性のバランス、ローパワーロッドを使っての、初速を落とした際でもしっかりとスライドまで持ち込めるレスポンスの良さ。いい線まできました。次回はスケールの微調整となります。スケール変更はワイヤ製作からになるので、次回サンプルはもう少し先。とはいえ、わずか2〜3gのウエイトバランスで、劇的に変わるジグのアクション。フィールドでのトライ&エラーはまだまだ続きます。

long_jig_7.jpg
当日の使用タックルはこちら

ロングジグ開発日記

2013年5月18日

 

13_5_18new_jig1.jpg
Newジグプロトタイプ

ソルトウォータールアーブランドのZetZでは、ただいま新たなジグの開発を行っています。

スケールとしてはセミロング?ロング。スライドとフォール姿勢とのバランスを調整しながらの試作製作中です。フラッシング重視のフラットデザインでありながら、ルアーデザイナー飯田重祐ならではの有機的なフォルムにも注目してください。

13_5_18new_jig2.jpg
実釣で改良点を見いだす
こちらはプロトを使っての実釣風景での1コマ。比較的水深が浅く、プレッシャーもかかる外房のフィールドです。魚の活性によってはワンピッチだけでは安定した釣果を引きだし続けることは難しいものです。見せて、喰わせるメリハリであったり、細かなロッドワークに機敏に反応させることで、ようやく口を使わせることができたりと、さまざまなシチュエーションに対応できる懐の深さがジグに求められます。現段階ではそれに対応する幅が若干狭め。次なるプロトの製作に進んでいます。

 

‹‹ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12