アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 Archive

BLOG

沼田純一 Archive

 

Photo1.jpg

 

ショアスロー専用ジグであるスローブラットキャストシリーズに、2017年秋、新機種が登場します。
ただいまフィールドテストを繰り返していますが、発売前にその詳細をお伝えしたいと思います。

ニューモデルの名称は“スローブラットキャストロング” 
その名のとおりシリーズ中最も長いスケールのボディを持ったモデルです。

開発の目標はスローブラットキャストシリーズ最大のアクションを生み出すこと。
入力に対してジグの移動距離を抑制的にコントロールするショアスローにおいて、限られた範囲の中で大きなアクションを引き出すには、入力直後からのレスポンスの高さが不可欠です。
加えて滑走方向へエネルギーをロスすることなく活かす必要があります。そこから導かれたシルエットがこちらです。

 

photo2.jpg

 

当初はこのアウトラインで鉛ボディのサンプルを製作しました。
既存のスリムやワイドといった鉛ボディのモデルに比べれば、もちろんフォルムが生み出すアクションの質は狙い通りの方向に向かいました。

そこからさらなるレスポンスの向上を目指す中で辿り着いたのが、素材そのものを変更するということ。
オーバルに採用している比重の小さな金属に注目しました。
"Zライトメタル"と名付けられたこの素材が持つ比重は、鉄のそれよりも小さいものです。
オーバル開発の際は、シリーズ中最も遅いフォールスピードを実現するために採用した素材です。
ロングの開発ではこの比重の小ささから、下方向へと向かう力を軽減することを狙いました。

実際にサンプルアップされたジグは、極端な表現をすれば、一定層に“ステイ”するかのような挙動を示し、そこからロッドティップの反動により入力することで、より多くのパワ−を上向きの滑走するエネルギーへと活かすことが可能になりました。
これは水面下でジグを目視で判別できるレベルの違いです。
実際にフィールドでキャストをしてみても、ジグが狙いとおりに滑走していることが分かります。

 

photo3.JPGphoto4.JPGphoto5.JPGphoto6.JPG

 

これまでにサーフから磯まで、様々なシチュエーションで実釣テストを行っています。
比較的大きなアクションで見せ、フォールで的確にバイトに持ち込むといったイメージで、回遊魚から根魚、フラットフィッシュなどが顔を見せてくれました。

既存のスローブラットキャストシリーズの中においてもローテーションの一翼を担っていくことができる手応えを得ています。
当ブログでは、実釣シーンの模様も含め、さらにその性能を掘り下げてご紹介していきます。
ご期待ください!

 

170327_photo1.jpg

 

ここまでお伝えしてきました本シリーズ、ライトショアジギングのイメージを膨らませていただけましたでしょうか?
本稿を書いているこのタイミングはもう4月目前。
フィールドによっては開幕を迎えたライトショアジギングを楽しんでいる方もいることと思います。

今回は私が実際に使用しているタックルをご紹介します。
シチュエーションやターゲットのサイズなどの要素をできるだけ詳細に分けてみました。
とはいえ、これが絶対のセッティングではありません。
ロッドやジグ、リールやラインなどはアングラーごとに最も使いやすいものをセレクト、調整することで快適な釣りが可能になるものです。
そんなタックル選びもまた釣りの楽しみの一つです。

なお、特に表記がない場合は、ロッドはショアガンエボルブ、ジグはブギーウォークスメルトもしくはスメルトダックス。
リールはシマノ、ラインはバリバス/ショアキャスターもしくは10×10jigging MAXパワー、リーダーはバリバス/ショックリーダーフロロ、リング類はデコイ(カツイチ)になります。

 

bw_smelt_dax.jpg

 

 

170327_illust1.png170327_illust2.png
170327_illust3.pngのサムネール画像
170327_illust4.png

 

いかがでしたでしょうか?
なお、フィールドの状況やターゲットの詳細が分からない場合には、比較的守備範囲の広いタックルで臨むことをおすすめします。

上記ではタックル例2がそれにあたります。
私も初めて訪れるフィールドではこのタックルでゲームをスタートします。

また、10ft.クラスのロッドと9ft.クラスのロッドでは体への負担もだいぶ異なります。
体力的に10ft.クラスがきついと感じられる場合はタックル例2のロッドをSFSGS-103H+からSFSGS-96MHに変えることで対応してみてください。
使える上限のジグが45gまでになることと、飛距離が若干落ちることがデメリットですが、口切れが起きにくくなる点や、繊細な誘いが可能になるなどのメリットもあります。
なにより快適に1日のゲームを進めることができることは最大の優位性です。

 

いよいよ開幕を迎えるライトショアジギング。
是非気軽にトライしてみてくださいね。
力強いファイトは一度味わえば病み付き間違いなしです。
最後になりましたが、アイウェアとライフジャケットはどのフィールドにおいても必須のアイテムです。
安全に、そしてソルトウォーターゲームの豪快を満喫してください。

 

今回は魚とのファイトついて書いてみます。
ここでは回遊魚をメーンターゲットとしているので、回遊魚とのやりとりを中心に説明しましょう。

ターゲットがジグにバイトすると、多くの場合はロッドを持つ手に衝撃が伝わります。
特に速い動きで誘っている時ほど強い衝撃になります。
逆にゆっくりとしたアクションの際に出るバイトでは泳力が高い回遊魚であっても“カンカンッ”といったような信号が伝わることが多くなります。
いずれの場合でも、バイトを感じたらしっかりとアワセを入れることが必須です。
ファイト中にバラしてしまうのはフックのバーブを超えてハリが貫通してないことに起因することが多いからです。
ちなみにアワセを効かせるロッドの使い方はイラストの通りです。
キャスト編でも書いたように、ロッドはバットに近いほど強い力を発揮します。
バットを効かせられればフックもしっかりと貫通します。
これは同時に過度な負荷をロッドティップに掛けないことにもつながります。

 

170321_3_21illust1.png

 

 

フッキングがばっちり決まったら、いよいよ魚との駆け引きが始まります。
回遊魚、こと青物のファイトは、想像以上の引きを見せます。
とはいえ使用しているメインラインの強度範囲で対応できるサイズの魚に対して慎重過ぎるやりとりはかえってバラしの元になります。
フッキングが決まって、リールを巻く手を止めずに済む相手の場合は、そのまま同じ程度のテンションを掛けながら寄せてしまうほうがキャッチできる確率は高くなります。
というのも、アングラー側に引かれる魚の多くは、そのテンションが掛かっている方向とは逆に泳ごうとします。
一瞬のスキを見て魚が沖を向く(アングラーと反対側に頭を向ける)と、小型のターゲットであっても手こずるほど走ります。
そうなると魚のコントロールは難しくなります。
寄せられると判断したら、やや強引かなと思うくらいに寄せてくることを基本としています。
もちろんあまりにも強すぎる寄せ方ではハリ穴を広げたり、サワラなど口の弱い魚では口切れを誘発したりするのでほどほどです。
魚の頭が自分に向いていればOKです。

ちなみに実釣時の様々な条件によっても、ファイトにどれほど時間を掛けられるかが変わります。
その条件とは地形やフィールドに出ている人の多さなどです。

地形は主にカケ上がりの有無や沈み根の存在などです。
一見すると障害物がないサーフであっても、地形次第では強引を要求される時もあれば、じっくりとファイトする時もあります。
遠浅なサーフで、かつ周囲にアングラーが少ない場合はじっくりと魚を疲れさせるのもアリです。
逆に急激なカケ上がりがあるサーフでは、ある程度強引に寄せてくることで、カケ上がりにラインが擦られることを防ぎます。
沈み根が存在するフィールドで釣りをしている場合も、同様に強引なファイトで魚をコントロールすることがキャッチに繋がります。

 

170321_3_21illust2.png

 

 

なお、回遊魚狙いの場合その回遊が見られるタイミングや時合いの長さは、フィールドによってある程度の傾向が見られます。
それゆえ同じポイントに多くのアングラーが集中することも少なくありません。
このような状況が想定できる時は、ターゲットのサイズに対してやや強めのタックルバランスを組んでスムーズにランディングに移れるようにしています。
これは同時に時合いが短い場合でも多くのヒットチャンス作り出すことに繋がります。

 

急深なエリアでのファイト。常に魚の頭をアングラー側に向けておけば、コントロールができる。

 

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11