アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 Archive

BLOG

沼田純一 Archive

 

2016_05_12_1.jpg今回はショアスロー専用ジグについて詳しく書いていきたいと思います。

 

スローブラットキャストシリーズでは上の写真のように3種類のジグをラインナップしています。
フォールスピードが速い順に左から「ワイド」「スリム」「オーバル」となるのはvol.3(http://www.palms.co.jp/blog/2016/04/3201644.php)にてご紹介した通りです。

まず、初めてのフィールドで投入することが多いのはスリムです。
これはフォールスピードが中間に位置することと、ほぼ水平姿勢を保ったままの沈下姿勢は、ショアスローにおけるベースとなるためです。
スリムの全ウエイトをまとめて計測した場合の平均フォール速度は約80cm/1sec。
これを頭に入れて、フィールドのおおよその地形を把握します。

・ フルキャストしてカウントダウン

・ どの位置にカケ上がりが存在するかを調べる

・ ボトムコンタクトから底質を予想する

・ 左右方向の地形の変化

このようにしてまずは自分が釣っている地形を知ることからゲームをスタートしています。
これ以外にも潮流の変化などもジグを投入することで見えてきます。
この段階で魚からのコンタクトがあればいうことなし。
反応やバイトが出たレンジ、距離に絞り込んで釣りを進めます。

ただ、多くの場合はそんなに簡単ではないですね。
ロッドを持ち替え、ジグのアクションの大きさやピッチを変化させても反応がない場合は、タイプの異なるジグに交換します。
ワイドもしくはオーバルへのチェンジですが、釣り始めでは手早く探る意味もあってワイドをチョイスすることが多いです。
その後も同様に各レンジをチェックしていきますが、ここまででかなりのヒントが得られるはずです。ベイトの有無、本命に限らずフィッシュイーターの存在などです。

ここまでくればおおよそのターゲットを想定してレンジを絞り込み、反応の良いタイプのジグを使って、最適なカラーを探り当てる流れです。

ちなみにフルキャストした先でも水深2〜3mといった、遠浅のフィールドでもショアスローは可能です。
このようなフィールドではピッチが速くなりがちなので、水中のイメージが掴めるまではオーバルで確実にフォールを把握するのも有効です。
ただ、ダイレクトにパワーが伝わりやすいので、リアフックがリーダーを取るトラブルを避けるように心がけてください。
ワイドであればこのようなトラブルは少なくなります。

 

2016_05_12_2.jpg

ベイトフィッシュが確認できる場合や、上空の鳥の様子からベイトが確実に入っていると判断した時には、時間帯に限らずリアルカラーから入ることが多いです。

具体的にはクリアマグマ、もしくはゼブラグローです。
ゼブラグローについては万能カラーと捉えていて、状況を探る際にも出番が多いです。
ちなみにカラーローテーションの際にはベースカラーを対照的に変えるようにしています。
シルバー、ゴールド、レッドといった具合です。
これにグローの有無といった感じで絞り、最終的に背中の色をアジャストすると効率が良く感じます

ちなみにベイトっ気がない場合には、ゴールドベースで探ることが多いです。
このゴールド系、補食対象が甲殻類と思われる状況にも対応するため、根魚、フラット、マダイなど多彩なターゲットに効く色の1つです。
なおレッドベースは深いレンジではシルエットで見せるイメージです。
時に根魚やタチウオ、当歳の回遊魚などに特効となることがあるので、ボックスには必ず入れている色の1つです。

 

2016_05_12_3.jpg

 

ZetZ(ゼッツ)からリリースされている“スローブラットキャスト”シリーズが、ショアスロー専用のジグになります。このスローブラットキャスト、大きく3つのタイプに分かれます。
それぞれ沈下スピードの速い順に「ワイド」、「スリム」、「オーバル」となります。

一見すると「ワイド」の形状がやや広くなっているため、フォールスピードが遅いのかな?と思われるかもしれませんが、ウエイトバランス自体は若干リアよりに設定しているため、フォール時はリア側をやや下向きにしながらフォールするため、この中では一番速いフォールスピードのモデルとなります。

fallspeed_illu.jpg

各モデルの10gから60gまでのウエイトバリエーションをまとめて、その沈下速度を計測すると、ワイドが1秒あたり平均約90cmであるのに対し、スリムは約80cm、オーバルは約60cmとなります。
フォールスピードを把握しておくと、釣りをしているフィールドの水深が掴めるうえ、アクションの後に何秒フォールするかで、自分の操作でどれほどジグが上昇しているかがわかるため、水中のイメージが沸きやすくなります。
また、同じ操作をしていて着底までの時間が変化すれば、それがカケ上がりやシモリなどの存在を教えてくれるのです。
ショアスローで釣りをしている時は、このレンジを把握しておくことが、釣り込むためのキモにもなるので、キャストした際には、その距離とともに水深を頭でイメージすることをオススメします。

また、ジグの使い分けでは、このフォールスピード以外にも、フォールする際のジグの姿勢による使い分けも存在します。ワイドはやや尻下がり、スリムとオーバルは水平でフォールします。
この姿勢はフォール時にターゲットに対してアプローチできるバリエーションとなるほか、上方向(巻き上げによる)へのアクションレスポンスの高低にも影響します。
尻下がりのワイドに関しては、巻き上げでジグを横に向けようとすると、元々横を向いているスリムやオーバルよりも強い力が必要になります。
近距離戦や極シャローエリアを釣る際には、ダイレクトにジグに力が伝わりやすいため、リアフックがリーダーを拾うことが多くなりがちです。そんな時もワイドであればリアフックがリーダーを拾いにくいことにも繋がります。
加えてワイドはアングラーからみて沖の方向に進もうとする力が働くため、テンションフォール時には一定点にジグをとどめておくことができやすいという特徴もあるのです(もちろん実際にはフォールをしていますが)。
このように3種類のジグの使い分けは、フォールスピードやフォール姿勢の違い以外にも、トラブル回避能力やフォールバリエーションへの対応能力といった要素が関わってくるのです。

ここからはそれぞれのモデルの特徴を動画で見ていきましょう。
まずはワイドです。やや尻下がりでフォールしているのがお分かりいただけると思います。状況によっては真横に向いたジグではなく、やや斜め姿勢でのフォールに反応をする場面も多くあります。
巻き上げでスローに見せて、素早いフォールで喰わせるイメージです。

 

次にスリムです。こちらはフォール時に横を向いているのがお分かりいただけると思います。
3種類のジグの中ではフォールスピードも中間となるため、まったく初めてのフィールドで状況を判断する場合など出番の多いタイプです。

 

最後がオーバルです。いままでの2種類に比べると、ゆっくりフォールしていることがお分かりいただけると思います。
ボディ素材を鉛ではなく、比重の小さなZライトメタルとし、水受けを確実に行うシルエットとしたことで実現したスローフォールです。


次回はジグのカラーやローテーションについて書いていく予定です。

今回はショアスローのタックルセレクトについて解説していきます。
まずはロッドから。

2016年リリースのショアガンエボルブでは、ショアスロー専用モデルが4本ラインナップされます。
これらは、ティップの反動を使ってジグのアクションを引き出すショアスロー独特の操作をサポートするためのロッドアクションを備えます。
しっかりとジグをアクションさせるためのティップパワーを持たせた上で、不要な信号を極力排除する方向のブランクです。
使用感としてはどのパワークラスのモデルにおいてもシャープな張りを感じつつ、軽快に取り回しができるロッドに仕上げています。

kiso2_photo1.png

このショアスロー専用モデルは、全機種9ft.9inc.のロッドレングスです。
フィールドでの操作時は、主にロッドを立て気味でホールドすることが多いため、極端に長いロッドは操作性において難点があります。

逆に9ft.以下のロッドでは適するフィールド条件が限定されてしまいます。
9ft.後半から10ft.前半という範囲の中から絞り込むと、軽快な操作性と汎用性の高さを兼ね備えた9ft.9inc.が1つの答えとなりました。

990〜993の表記は、前2つの数字がレングスを、末尾の数字がパワークラスを表します。
ショアスローではこの異なるパワークラスをターゲットの活性に合わせて選択するのが大きな特徴です。

ロッドパワーが小さくなれば、ジグのアクションが控えめになり、逆にロッドパワーが大きくなれば、ジグのアクションを大きくすることが可能です。

多くの場合ターゲットの活性が低い場合はジグのアクションも控えめなものにしか反応しなくなることが多くなるものです。

逆にしっかりとジグを追えるほど活性があれば、ロッドパワーを上げてジグを大きくアピールすることでバイトに結びつけます。
そのため、実際のフィールドでは中間パワーにあたる992から釣り始めることが多くなります。
ちなみにジグのアクションを左右するのは、このロッドパワーとジグのウエイトとのバランスになります。

kiso2_illust1.gif

上図のように、ジグのウエイトを固定した場合はロッドパワーに比例してジグのアクションをコントロールできます。
加えて、ロッドパワーを固定した場合は、ジグのウエイトが軽いほどアクションは大きくなり、ジグが重くなるほどアクションは控えめになるのです。

例えば992に30gのジグを結んだ場合、アクションを控えめにするためには、「ジグを変えずにロッドを991に持ち替える」もしくは、「ロッドを変えずにジグを40gに交換する」ことで、ほぼ同じ効果が期待できます。

しかしながら、ジグのウエイトについては、フォールスピードを決定する要素にも繋がるため、ジグの上方向(巻き上げによる)のアクションを求めるためにウエイトチェンジしたとしても、喰わせの間となるフォールスピードで外してしまう可能性があることも考えなくてはいけません。

kiso2_photo2.png kiso2_photo3.png

それらがピタリと合ってくると、顕著に反応が変わってきます。
まずは当日の答えに近づくために、様々なパターンを試していきますが、基本的には中間のパワークラスから初めて、活性を見ていくことが近道と感じています。
その際には本命以外の魚からの反応も参考になるものです。

最初に絞り込むのは活性への判断(高低)と、縦(水深)と横(距離)のレンジです。

次回はジグについて書いてみたいと思います。

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11