アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 Archive

BLOG

沼田純一 Archive

回遊魚を始め、ロックフィッシュやフラットフィッシュ、マダイなど多彩なターゲットを狙うことができるショアスローのベーシックテクニックを解説していきましょう。

 

ph1madai.jpg

 

まず、このショアスロー、多くの方に通常のショアジギングと何が違うの?といった質問を多くいただきます。
そんな時は「スタンダードなショアジギングが比較的高活性の魚に対してアプローチを開始するのに対し、ショアスローでは活性が下がった魚、もしくはジグを追い切れないターゲットに対してのアプローチとなります」とお答えします。
ショアスローではゲームの切り口が従来のショアジギングとは異なるのです。
具体的には水中のジグの移動距離を制限的にコントロールして、限られたレンジ、ゾーンといった範囲内でアピールしてバイトまで持ち込むことが目的です。
いままでのショアジギングでは追い切れないターゲットに対して口を使わせることができるのがショアスロー最大の強みなのです。

illust_a.gif

 

発想の出発点はオフショアでのスロージギングからでした。
近海の多彩なターゲットをはじめ、中深海の魚まで、狙い方によってはそこに魚種の制限はほぼ無いとさえ感じさせるこの釣りを、いかにショアからのスタイルに融合するかということで生まれたのがショアスローです。
もちろんバーチカルで釣るオフショアとはことなり、立ち位置が制限されるショアでは、ジグのリフトやフォール操作にもちょっとしたコツが必要になります。
ただし、それもこのブログを読み進めてもらえれば自然と理解していただけると思います。

 

ph2_image.jpg

具体的な釣り方は、リーリングを主体として、それによって得られるロッドティップの反動でジグをアクションさせていくというものです。
この時のピッチは1秒に1回を基本として、ターゲットの活性が高ければそのピッチを速く、逆に活性が下がっていると判断すればよりピッチを落としていきます。
その際のリーリング量は多くても1回転。
追い切れない魚に対しては1/6ほどのリーリングによって、ジグの移動距離を少なくしていきます。

 

 

ph3rfjpg

このようにジグをしっかりと見せて、バイトに結びつけるのです。
また、ショアスローの特徴として、フォールしているジグに対してバイトする率が圧倒的に高いことも挙げられます。
そのため、見せるためのピッチに加え、ここぞっというところでフォールを織り交ぜることが非常に重要になります。
そのフォールもテンションフォールかフリーフォールかでターゲットの反応が変化します。
そこにはジグに戯れ付く感覚をもとに、いかにバイトまで持ち込むかというスリリングな一面もあるのです。

 

ph4hirame.jpgph5magochi.jpg

多彩なターゲットが対象となるがゆえに、初めて訪れるフィールドでは釣りの組み立て方も重要になります。
ピッチが遅いうえに、しっかりとアピールすることをベースとしているため、闇雲に探っていったのでは効率が悪くなります。
そんな時はショアスローならではの、水中から伝わる多くの情報がヒントになります。
ショアスローではジグの移動距離が小さいために、驚くほど多くの魚がジグに興味を持ちます。
たとえそれが本命からのものでなくても、ゲームを組み立てるヒントになるのです。
ボトムから数十センチしか反応がなければベイトが薄い、もしくは相当限られた範囲のみにベイトがいると判断し、次投はボトムを中心に探るようにし、逆にある程度の距離を追って反応している場合はベイトの密度が濃く、それによって回遊魚、マダイ、ハタ科のターゲットが各レンジを構成している可能性を探るようにします。
これにより、当日もしくは、そのタイミングで最も可能性の高いレンジやゾーンを絞り込み、高い再現性をもって釣り込めるようになるのです。

次回以降はそんなショアスローのタックルセレクトやジグローテーションなど、実戦でのテクニックを解説していきます。

今回は相模湾のオフショアからお届けします。

8月に入るとともに西から良い潮が差してきた相模湾。
キハダ狙いで平塚・庄治朗丸さんから出船してきました。
沖に出てほどなくして気配が出始めます。
さっそく跳ねが見られる状況に船上もヒートアップ。
しかしながら魚はすぐに沈んでしまいます。

そんなことを繰り返すこと数回。
跳ねこそないものの、鳥が廻っているエリアで水面が割れました。
ルアーはリデル175。

20150805_1.jpg
水面に姿を見せたのは20kgを超えるキハダ。
キレイにリアフックが掛かっています。

20150805_2.jpg
20150805_3.jpg

 

今回は試したいアイテムもいくつか持ち込みましたが、そちらも手応えアリでした。

20150805_4.jpg

バイトはこの1発だけでしたが、跳ねは多数。
さらに小型ながらトビも多めでカタクチも入っている状況です。
キハダも潮に乗って入った新群の可能性が高そうですね。
これからお盆までは期待大ですよ。


ラインはバリバス・castingPE/SMP、10×10max power PEの4〜5号。フックはデコイ・トレブルY-S22の♯3/0をメインに前後号数を使いました。
港に帰ってからの計測は24.8kgでした。

20150805_5.jpg

20150805_6.jpg

20150805_7.jpg

 

台風&前線でしばらく釣りにならなかった相模湾のサーフですが、今週になってようやく落ち着いてきましたね。
そんな相模湾はいよいよ本格的なライトショアジギングシーズンに突入です。
メインターゲットはワカシ。現時点では20cmクラスが中心ですが、これからは一週ごとにサイズアップしていきます。
ワカシ以外にはショゴやサバ、ペンペン(時々シイラ)が数は少ないものの回遊している状況です

 

20150722_3.jpg今日はいつものショアガンSFGS-103H+ではなく、SFGS-103MLを片手に西湘に行ってきました。ショアジギとしては最もライトな道具立てとなるパワークラス。
このタックルで掛ければワカシといえどもスリリングなファイトが堪能できます。
シーズン初期のタックルと思われがちですが、盛期でもシラスに着いた魚にアプローチするには強い武器になるのがこのセッティングです。

夜明けの時間帯はそよそよ程度の南まじりで風が吹いています。
まずはスメルトとスメルトダックスの20gから探ります。
PE0.6号と組むことで、MLクラスのロッドでも飛距離は十分に出すことができます。
ちなみにメインラインとリーダーの組み合わせはこのような感じです。
PE0.6-リーダー12lb.
PE0.8-リーダー16lb.
PE1.0-リーダー20lb.
PE1.5-リーダー30lb.
PE2.0-リーダー40lb.
根があったり、波元が荒れていたりする場合は1ランク太く、ジグの動きをより大きくする場合や、小型のジグがメインとなる場合は1ランク細くするといった調整はありますが、
このメインPE×10×2=リーダーlb.を基準にしています。

 

20150722_4.jpg

今日は波があったので1ランク太い16lb.をセット。
サーフではガイドに巻き込まない1.5mほどで釣りをすることが多いです。
海の色がだいぶ回復してきたこともあり期待したのですが、朝一のこの時間帯はハズシてしまいました...。
こうなったら水深のあるエリアに移動です。

 

20150722_2.jpgタックルはそのままで、ジグを30gに変更。
時間の経過とともに上がってきた風に対応するためです。
そしてついにチャンス到来!射程範囲で鳥が回りはじめました。
水面近くの高速リトリーブに追尾するワカシも見えます。
こうなればバイトはほぼ確定。
着水から表層レンジでジャークを入れながら喰わせます。
上がったのはアベレージサイズのワカシ。
数分間のチャンスの間に4バイト。
そのうちの1つは50-60cmほどのシイラでした。バラしちゃいましたが...。

ショアガンSFGS-103MLはこのサイズのターゲットでも興奮のファイトを堪能できます。
今日は風、波があったので10ft.クラスをチョイスしましたが、静かな海ではより軽快にロッドワークを行うことができるSFGS-96MLもアリです。
タイミング次第では二桁釣果も珍しくないこれからのシーズンのショアジギ。
幅広いアプローチで魚とコンタクトすることができます。
思い思いのスタイルで楽しんでください。

 

20150722_5.jpg

あっ、それと良く聞かれることですがジグのアイにはデコイさんのこのアイテムを使用していますので紹介します。

 

>動画を見る

 

‹‹ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12