アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 Archive

BLOG

沼田純一 Archive

当ブログや動画にてご紹介してきたNEWスローブラットの開発も、いよいよ大詰めとなりました。
名称は「スローブラットL」(ロングのLです)に決定。
最後はカラーについての話を中心にお伝えしていきましょう。
既に発売されている「S」や「R」とは一部カラーパターンをリニューアルしてリリースを予定しています。

 

slowblatt_L_1.jpg

現在ラインナップを予定しているのはこちらの13色。
おなじみのカラーから、「おやっ」という色まであると思います。

 

slowblatt_L_2.jpg

ゼブラ系はこの3色と、下記の1色を加えた合計4色。
まずはどんな状況にも対応できる万能カラーともいって良いゼブラグロー。
これは光量の違いや潮色の異なる状況でも効く色。
最初に投入することが多いという方も多いのではないでしょうか?

ゼブラレッドは光が届きにくい深いレンジでは黒のシルエットをはっきりとアピールできます。
もちろん光の届く範囲でも実績のある色。
特に根魚が多いエリアでは特効となる場合があります。
逆にいうと、小型の根魚を避けて大型のターゲットに絞りたい状況では注意が必要です。

そしてゼブラゴールド。
これはシルバーベースのゼブラグローよりもアトラクティブなアピールになります。
大型ロックやクロムツなどの活性が比較的高い場合に使うことが多いカラーです。

 

slowblatt_L_3.jpg

ゼブラパターンに新たに加わるのがこのゼブラオレンジ。
グローベースにオレンジゼブラのパターンです。
以前スローブラットRとSでも片面をこのカラーにした限定カラーが存在しましたが、やはり広範囲にグローを施すことによるアピールが効く場面が存在します。
これはディープレンジやタチウオ狙い以外にもロックフィッシュにも効く色です。

 

slowblatt_L_4.jpg

そしてゼブラ以外の定番はこの4色です。
ゴールドベースの汎用性の高さは周知の通り。
ゼブラグローとともに初回投入の多いカラーです。
青物には効かなそうと思われがちですが、潮色次第ではシルバーベースを圧倒することもあります。背中の色は状況次第とはいえマダイ狙いのアカキンや伊勢湾のゴールドグリーンのように、ターゲットや地域によっては特色となることもあります。

クリアマグマはシンプルながら外せないカラーの1つです。
澄み潮で比較的浅いレンジで青物が反応してくる状況や、プレッシャーが高いフィールドなどで、グローを嫌う場面があります。
そんな時はゼブラグローからクリアマグマにチェンジするのは定番のローテーションといえます。

そしてイワシカラー。
後ほど紹介するラグーンとともに、シルバーベース+寒色はプレッシャー攻略として実績が高いカラーです。
ちなみにここで紹介した4色はすべてノングロー。
サメやフグがうるさい状況下に、それらを避けつつターゲットを抜きたい時に、これら比較的おとなしいカラーで釣り込むのも1つの手段です。

 

slowblatt_L_5.jpg

続いてラグーンとピンクの2色。
これらは上下ではなく表裏でカラーリングしています。
裏にはグローのラインが入ります。

ラグーンはイワシでも触れた通り、プレッシャーの高いフィールドで全面シルバーとまた違ったアピールをします。
あくまでイメージですが、やや控えめとなるアピールがこれらの魚に口を使わせるのかもしれません。
ピンクは青物を始め、根魚やヒラメなどにも効く比較的汎用性の高いカラーです。

 

slowblatt_L_6.jpg

最後はこちら、下の2つは2006年にZetZから登場したタチウオ専用ジグヘキサーにあったスターダストカラーの2つです。
スローブラットLではこのスターダストパターンが復活します。
ヘキサーで良い思いをしたことがあるアングラーも多いと思いますが、このようにスポットで散らしたグローは、面で塗るグローと違うアピールがありますね。
これが深海系のイカや発光器を持つハダカイワシに見えるのか?
はたまたごく小型の生物の群れに見えるのかはわかりませんが、確実に効く場面が存在します。

さて、ここまで紹介したカラー以外にも、何パターンかテストを続けているカラーもあります。
それらはかなり奇抜!?なカラーリングのため、もうちょっとテストをする必要がありますので、正式に発売が決定したら紹介しますね。
スローブラットLの発売まではもう少しです。
是非期待してお待ちください。

 

 

PH8.jpgPH9.jpgPH10.jpgPH11.jpgPH12.jpgPH13.jpg

ショアジギ速報の第二弾です。
今回は相模湾と駿河湾のショアジギについて。

20150522_1.png

まずは相模湾から。この魚はゆうちゃんこと池田雄一郎君が見事につり上げた91cmのブリです。
西湘でこのサイズが上がるのは驚き。午前10時くらいに沸いたナブラのワンチャンスをしっかりとモノにしました。
ジグはスローブラットキャストワイド40gです。
魚が吐き出したのはカタクチイワシでした。
このサイズともなるとなかなか出会えるものではありません。
とはいえベイトの接岸とのタイミングが会えば、、、まだまだチャンスはあるかも!?

20150522_2.png 20150522_3.png

続いては駿河湾です。フィールドは沼津周辺のサーフです。
朝一から水面にはベイト気配で雰囲気満点。でも最初に釣れてきたのは、、、ダツ。

20150522_4.png

ベイトはしっかりと入っているのでチャンスはまだありますが、風も上がってきたので、裏に移動です。
ここではトビウオの姿が確認できました。
(写真右端に写っています)水深のあるエリアですが、魚は上を意識しています。
夕方近くにスメルト80gにバイトしたのがこちら。

20150522_5.png 20150522_6b.png

ロッドドはショアガン103XHです。
カケ上がりの上を釣るので、バットパワーを効かせて、一気に寄せます。
動画もありますので、そのパフォーマンスをご覧ください。
なお、ここにきて駿河湾のベイトがやや移動をした模様です。
西か?東か?引き続きフィールドチェックをしていきますので、是非お楽しみに!

20150522_7.png 20150522_8.png 20150522_9.png

 

>動画を見る

名前も新たにお届けする当ブログ。
製品開発の裏話などに加え、ショアジギ関連のフィールド情報もいち早くアップしていく予定です。
そんな速報第一弾は駿河湾の青物ゲーム。

昨年はゴールデンウィーク前から回遊がありましたが、今年は5月に入って安定してきました。
昨日は低気圧の通過後ということでサーフは1投ごとに切れ藻が掛かり釣り辛い状況。
午後からは風も上がる予報のため、風裏となるエリアに早々に移動です。
移動先となるポイントは水面にはベイトも見えていて良い雰囲気です。
しばらくタイミングを待ち、ベイトが水面で騒いだタイミングに浅いレンジで釣れたのがこの魚...

2015_5_14_01.png

 

BWスメルト80gのピングバックグローベリーを着水後にゆっくりジャークしながらのリトリーブにバイトしました。

2015_5_14_02.png 2015_5_14_03.png

 

ちなみにこの画像でジグに装着しているフックは2015年バージョンのスメルトとダックスに採用する標準フック。デコイ製オリジナルの高強度フックです。
ワラサクラスまで安心して使っていただけるモデルです。

2015_5_14_04.png
2015_5_14_05.png

 

当日は昼以降潮が悪くなってしまったものの、比較的長い時間に渡って気配がありました。ちなみに沖にはこんなシイラの姿も、、、夏の訪れを感じさせてくれます(一度だけ射程範囲に入ったものの、食わせきれませんでした)

2015_5_14_06.png

 

タックルはショアガンSFGS-103XHを使いました。

カケ上がりの厳しいエリアでは、フッキング後に強引なファイトをしなくてはいけないため、パワーを備えたロッドで臨みます。
サーフの場合は使用ジグが60g以内であれば103H+という選択もアリです。
とはいえワラサクラスの回遊もありますので、タックルは万全にしておきたいところです。
ラインはバリバス・MAX POWER 10×10の2号。リーダーはバリバス・ショックリーダーフロロ40lb.です。

2015_5_14_07.png

 

> 動画を見る

‹‹ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12