アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item Archive

BLOG

Salt item Archive

一つスッテゲーム

2012年6月 7日

hitotsu.jpg

日本海で人気の「一つスッテ」ゲーム。鉛ボディのスッテ1つで、マルイカやマイカといったツツイカを狙うこのゲーム。
最細で0.3号PEをメーンにする繊細さとイカのダイレクト感、さらにティップに出る変化を釣っていくスタイルは、まさにティップランに通じる魅力があります。
そんなゲームに向け、ただいま専用ロッドの製作を進行しています。
シリーズはティップラン専用のArmorcladからのリリースを予定しています。

まずは実釣ということで、先日、プロトロッドを持ち込んでのアカイカ狙いに出掛けました。
ここでいうアカイカとはケンサキイカのこと。
最大長が70cmと聞いて0.3号PEに若干の不安はありましたが、いざ始めてみると、アタリの多さにビックリ。
繊細なティップに表れるイカからのコンタクトをアワせていくと、しっかりとした手応え。
乗せきることができないアタリの続発に熱くなったこともあって、アッという間に沖上りの時間になってしまいました。
0.3号PEでもトラブルはなかったです(70cm級が掛かったらわかりませんが・・・)

hitotsu2.jpg

ちなみに今回使用した鉛スッテは10号、12号。
潮がそれほど速くないこともあって、60m水深でも問題なく使うことができました。
ロッドの相性として考えると、8号以下も出番となるシチュエーションと、12号以上が必要になる場面も想定しなくてはいけません。
全体のパワー設定に加え、より繊細を表現できるティップセクションが必要です。
もちろん鉛スッテをしっかりとアクションさせるためのベリーも必要になります。
各セクションの要素を煮詰め、これらを1本のブランクに仕上げるのが、これからの仕事になります。

tr_image.jpg

ティップラン専用モデル"Armorclad TR"。先行発売となった81sensorは春の親イカ狙いのキャストティップ専用モデル。ただいま開発が大詰めとなっているのは、今秋発売予定の、ティップランレギュラーモデルです。
78SPRINT、78MUSCLEといった先代モデルから受け継がれる基本スペックモデルに加え、TRではよりシャロー、より繊細なゲームをサポートする78LIGHT SPRINTもラインアップします。
ティップラン専用ロッドのパイオニアとして、絶対の自信をもって提案します。
すべてをブラッシュアップしたブランク、それに乗るのはKRコンセプトガイド。ティップセクションにチタンガイドを採用することで、より的確な"アタリ"を表現します。

tanegasima_1.jpg



こちらの写真は、5月にクレージーオーシャン・古田友大氏が種子島に釣行した際のもの。最大で2.4kgのアオリイカ。狙いの4kgアップは出なかったものの、このサイズを余裕であしらうブランクがそのポテンシャルの一端を現しています。


tanegasima_2.jpg

 

 

 

r_hw_1.jpg

お待ちどうさまです。ようやくスローブラットRのヘビーウエイトバージョンのシェイプが決定しました。ウエイトバランス、ボディシェイプのやり直しを経て、ようやくレスポンス、フォール姿勢、リフト時のアクションが出来上がりました。

スローブラットSとの使い分けは、Sのフォール姿勢がほぼ真横に対し、Rでは、やや尻下がりのイレギュラーダート。このフォールの違いがキモです。リフト時には水に絡むようにアクションを起こすので、ディープでのロングフォールにも効きます。

ちなみにこちらは最終サンプルでの釣果。その他さまざまな魚が顔を見せていますが、その模様はDVDでお伝えする予定です。こちらもご期待ください!

r_hw_2.jpg
r_hw_3.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11