アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item Archive

BLOG

Salt item Archive

石井修二

 

前回のモデルチェンジから5年。今夏コーラルスタードルフィンクラスがフルモデルチェンジします。

まず目を引くのはグリップ周りのデザインでしょう。エンドグリップの長さは6.6,7.0,7.6ft全てのレングスクラス統一の220mmです。この奇異ともとれるショートグリップはシイラを見つけ間髪いれずキャストする際の取り回しの良さ、シイラゲームではバイトを誘う為に細かなトゥイッチやトゥイッチのリズム変化が必要です。そんな時グリップエンドがTシャツの袖や裾に絡んでしまってはルアーのアクションが途切れてしまい折角バイト寸前であるシイラに見切られてしまいます。そんなことが無いよう取り回し重視しました。
また、シイラゲームにけるファイトは水平方向のファイトになるため、ショートグリップでグリップエンドを肘に当てロッドを倒したファイトスタイルがシイラの急激な方向転換やジャンプにもフレキシブルに対応できます。
ショートグリップと共に目を引くのがフォアグリップ上部に設けられたファイティンググリップだろう。このファイティンググリップはシイラを船べりまで寄せラインディング間際になるとラストダイブで縦方向に潜ります。この際はグリップエンドを腹部に当てファイティンググリップを握りロッドを支持すると理想的な縦方向のファイティングポーズがとれる。
一見、バランスが悪く見えるグリップデザインは経験から導き出されたシイラゲームの為のグリップなのです。

 

沼田純一

 

最近注目を集めているライトテンヤで狙う真鯛釣り。パームスエルアでは、そんなテンヤ釣りに向けて、現在ロッドを開発中です。ここでは大原・長福 丸さんでのプロトロッドのテストの模様を交えてロッドの開発状況をお伝えしたいと思います。
まず、ロッドのラインナップですが、ソリッドティップモデル4機種とチューブラモデル2機種の合計6機種を予定しています。
それぞれ230cmと250cmというレングスで、パワー設定はML.M.MHの3種類。テンヤのウエイトや、対応する潮の速さなどによって使い分けることをキモと考えてのラインナップです。2号や3号といった極軽量のテンヤから6号前後まで対応するMLクラス。一般に使用頻度が高い4~8号を中心としたウエイトに最適なMクラス。さらにウエイトのあるテンヤや、感度を重視するアングラーに向けたチューブラーティップのMHクラスがこのシリーズが目指す内容です。現在ブランクの最終調整のため、実釣でのチェック段階に入っています。写真のロッドはプロトのため、まだ製品化までは変更する所もあるのですが、基調とするデザインはご覧の通り、海上で映えるスタイリッシュな外観を目指しています。

さてさて実釣のほうはといえば、本命真鯛は4枚の型を見て、そのほかにもホウボウやマハタなどが顔を見せました。落とし込みからそのまま入っていく場合もあれば、ステイさせたテンヤにバイトして、わずかなアタリをティップに出す場合など、その時々で変化する反応に対応するのがこの釣りの面白いところ。ブランクのパワー設定とガイド設定を調整し、次回のサンプルアップに入ります。このシークレットスナップでは、今後も完成までのプロセスをテスト模様等と共に掲載予定です。ご期待ください。

 

 

沼田純一

 

 対象魚それぞれに最適なブランクを追求したライトジギングロッド・メタルウィッチ。この春、このメタルウィッチにタチウオモデルに2ピースモデルが加わります。
  繊細なティップはジグをイメージ通りに、しかも暴れさせ過ぎることなくアクションさせることができ、乗せてからはスムーズに負荷をバットに移しながら、ファイトを堪能できるバランス。1ピースモデルでも好評をいただいたこれらの性能を引き継いで2ピース化しました。ジョイントを持ってもなお、スムーズに描かれるベンドはご覧の通りです。

 


 ラインナップするのは、ベイトモデル6ft.3inc.の1、2、3パワーモデル。今回は僕なりの使い分けを紹介します。
 
 1パワーモデルはシリーズ中最も繊細で、対応するジグウエイトは40gから。実際の釣り40gがメーンになることは少ないものの、60gや80gといったタチウオ釣りでは比較的軽量なジグの操作でも、スカスカ感はなし。しっかりとジグを操作できる感覚を備えています。
  夏の東京湾で中心となる浅いレンジの攻略や、駿河湾などのナイトゲームで魚が浮く時などで出番が多くなります。40mラインが中心となる瀬戸内海でも使いやすいモデルです。掛けては小型のタチウオであってもバットまで曲げてファイトするのは、それだけでも楽しいものです。

 2パワーモデルは、100gを中心とした釣りに最適なパワーを備えます。タチウオ釣りで最も使用頻度が高いのがこのロッド。60~100mラインを攻める場合は、このモデルを中心に使用することになります。

 3パワーモデルは最大で200gまでのジグが使えます。潮の速さに加え、大型が狙える伊良湖はもちろん、冬場の東京湾で100m前後のシーン、潮が2枚、3枚となって釣りにくい場合など、ヘビーウエイトで攻める釣りでもこのモデルの出番になります。
  ちなみに単に重いジグを操るだけでなく、フォールに反応が集中する場合などは、ティップのパワーを活かして、そのバイトを感じ、掛けていくことができるのも、このパワークラスが持つ特徴の1つです。


 

‹‹ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12