') ?> BLOG | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 2017年8月 Archive

BLOG

2017年8月 Archive

 

2017_8_7_Photo1.jpg

 

プロトルアーをフィールドに持ち込んでテストする際には、アクションや実釣性能はもちろん、飛行姿勢や耐久性なども総合して検証することになります。
自然が相手となるため、状況が良い時もあれば悪い時もありますが、“実釣”において納得できるスペックを最終目標とするテストでは、フィールドコンディションは一様でないほうが返って都合がよかったりもします。

さて、そんなフィールドテスト。
このロングを検証する際には、上記の要素以外に、フックとの相性に関してのテストも徹底して行いました。

Zライトメタルをマテリアルに採用したロングは、同ウエイトの鉛素材のジグと比較すると、1回りボリュームが増したボディサイズとなります。
それだけに、選べるフックサイズや、アシストの長さの自由度が高いのです。
これはゲームを組み立てる上では非常に大きなアドバンテージになりますが、デフォルトで装備するフックサイズとなると、多彩なターゲットを対象とした際の汎用性の高さも求められます。

ちなみにフックの強度は、同銘柄のフックであれば、一般にサイズが大きくなるほど強度も上がります。
気持ちとしてはできる限り大型のフックにターゲットをフッキングしたいところです。

 

2017_8_7_Photo2b.jpg2017_8_7_Photo3b.jpg

 

全長が比較的コンパクトに収まるジグでは、通常同サイズをセットしますが、明らかにフォールだけにバイトが集中するようなシーンでは、フロントを1サイズ下げて、リアを1サイズ上げることで、実際にフッキングが多く出るほうのフックの強度を上げるといった微調整もしています。
とはいえ、闇雲にサイズを上げると、フックの自重や水の抵抗が上がり、ジグのアクションを妨げる要因にもなるため極端なセレクトは禁物です。

ロングでは最終的にほとんどの機種で現行3シリーズのジグよりも1サイズ〜2サイズ大きなフックを装備することにしました。
実際にはさらに1サイズ上げることもできますので、対大型魚狙いの際にはもう一番手上げてもらうことでファイトの安心感はさらに向上します。

 

2017_8_7_Photo4front.jpg2017_8_7_Photo5rear.jpg

 

スローブラットキャストのフックを換装する際には、上の写真の向きを標準としています。
下からバイトするターゲットを捉えることと、フッキングした際に斜め上方から力が加わることを想定したセッティングです。

なお、スローブラットキャストシリーズでは、目玉の付いている面を下向きにフォールすることが多くなります。
ゼブラ模様が目玉側だけに塗装してあるのもそのためです。

 

2017_8_3_ill1.png

 

スローブラットキャストロングが目指したのは、シリーズ中最大のレスポンスとアクションです。
ショアスローにおいてジグを使い分ける際の要素として注目するのが、このアクションの大きさ、そしてフォールスピードです。加えて実戦では飛距離の要素も考える必要があります。

上記のイラストはスローブラットキャストシリーズの各モデルの関係を表したものです。
ちなみにショアスローにおけるアクションの大きさとは、コンパクトな範囲内でいかにジグを動かすかということ。
通常のショアジギングのようにリーリングを伴う大きなジャークでアクションを引き出すのでは、ジグの移動範囲が大きくなりすぎます。

ショアスローでは基本的にロッドティップの反動を使って、小さな範囲でアピールすることで、低活性のターゲットや、泳力の小さなターゲットにしっかりと口を使わせることが狙いのメソッドです。
イメージとしては水中にあるコンパクトな空間(立体)の中で、ジグが大きく滑走することを繰り返すアクションです。
ロングスケールのフォルムと、低比重の素材の特性が融合することで、ティップの反動に対して非常に早い立ち上がりと、それに付随する滑走を実現したのがロングです。

フィールドテストをしていくと、動体視力に優れる回遊魚も好反応を示します。
これは立ち上がりの初速の速さと、比較的大きな滑走が効いているものと感じています。

 

2017_8_3_p1.jpg

 


次にフォールスピードです。
巻き上げでターゲットにアピールしながらも、実際のバイトを得るのはフォールのタイミングであることが多いショアスロー。
それだけに有効なフォールスピードの見極めは釣果を左右する重要な要素です。
ロングのシンクレートはオーバルに次ぐ小さいもの。シリーズの中では比較的ゆっくりとフォールします。
ただし、フォールスピードは遅ければ良いという訳でないところが面白い所です。
場合によっては速いイレギュラーなフォールにバイトが集中することもあるからです。
これは当日の状況によって変化する要素です。

フリーフォールの際のフォールスピードだけはアングラーがコントロールできない部分。
それだけにローテーションさせるジグの中に、シンクレートの異なる複数のモデルを持つことは、状況を打破するカードが増えることを意味するのです。

 

2017_8_3_p2.jpg2017_8_3_p3.jpg2017_8_3_p4.jpg

 


最後に飛距離です。
比重の小さな金属を使うと、当然同じウエイトの鉛ボディのジグよりもボリュームは大きくなります。同じシェイプであれば空気抵抗が増すことで、飛距離は落ちますが、ロングではキャスト時の空気抵抗を減らすシェイプと、加えて飛行姿勢を安定させることで、その不安を解消しました。

ロングスケールで、なおかつセンタ−付近にバランスを持つジグはわずかなシェイプの影響で、飛行中の回転が誘発されます。
フィールドテストを繰り返すことでブラッシュアップしたロングの飛行姿勢は高いレベルで安定します。
その飛距離はスリムに肉薄します。

 

Photo1.jpg

 

ショアスロー専用ジグであるスローブラットキャストシリーズに、2017年秋、新機種が登場します。
ただいまフィールドテストを繰り返していますが、発売前にその詳細をお伝えしたいと思います。

ニューモデルの名称は“スローブラットキャストロング” 
その名のとおりシリーズ中最も長いスケールのボディを持ったモデルです。

開発の目標はスローブラットキャストシリーズ最大のアクションを生み出すこと。
入力に対してジグの移動距離を抑制的にコントロールするショアスローにおいて、限られた範囲の中で大きなアクションを引き出すには、入力直後からのレスポンスの高さが不可欠です。
加えて滑走方向へエネルギーをロスすることなく活かす必要があります。そこから導かれたシルエットがこちらです。

 

photo2.jpg

 

当初はこのアウトラインで鉛ボディのサンプルを製作しました。
既存のスリムやワイドといった鉛ボディのモデルに比べれば、もちろんフォルムが生み出すアクションの質は狙い通りの方向に向かいました。

そこからさらなるレスポンスの向上を目指す中で辿り着いたのが、素材そのものを変更するということ。
オーバルに採用している比重の小さな金属に注目しました。
"Zライトメタル"と名付けられたこの素材が持つ比重は、鉄のそれよりも小さいものです。
オーバル開発の際は、シリーズ中最も遅いフォールスピードを実現するために採用した素材です。
ロングの開発ではこの比重の小ささから、下方向へと向かう力を軽減することを狙いました。

実際にサンプルアップされたジグは、極端な表現をすれば、一定層に“ステイ”するかのような挙動を示し、そこからロッドティップの反動により入力することで、より多くのパワ−を上向きの滑走するエネルギーへと活かすことが可能になりました。
これは水面下でジグを目視で判別できるレベルの違いです。
実際にフィールドでキャストをしてみても、ジグが狙いとおりに滑走していることが分かります。

 

photo3.JPGphoto4.JPGphoto5.JPGphoto6.JPG

 

これまでにサーフから磯まで、様々なシチュエーションで実釣テストを行っています。
比較的大きなアクションで見せ、フォールで的確にバイトに持ち込むといったイメージで、回遊魚から根魚、フラットフィッシュなどが顔を見せてくれました。

既存のスローブラットキャストシリーズの中においてもローテーションの一翼を担っていくことができる手応えを得ています。
当ブログでは、実釣シーンの模様も含め、さらにその性能を掘り下げてご紹介していきます。
ご期待ください!

1