') ?> BLOG | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 2015年5月 Archive

BLOG

2015年5月 Archive

ショアジギ速報の第二弾です。
今回は相模湾と駿河湾のショアジギについて。

20150522_1.png

まずは相模湾から。この魚はゆうちゃんこと池田雄一郎君が見事につり上げた91cmのブリです。
西湘でこのサイズが上がるのは驚き。午前10時くらいに沸いたナブラのワンチャンスをしっかりとモノにしました。
ジグはスローブラットキャストワイド40gです。
魚が吐き出したのはカタクチイワシでした。
このサイズともなるとなかなか出会えるものではありません。
とはいえベイトの接岸とのタイミングが会えば、、、まだまだチャンスはあるかも!?

20150522_2.png 20150522_3.png

続いては駿河湾です。フィールドは沼津周辺のサーフです。
朝一から水面にはベイト気配で雰囲気満点。でも最初に釣れてきたのは、、、ダツ。

20150522_4.png

ベイトはしっかりと入っているのでチャンスはまだありますが、風も上がってきたので、裏に移動です。
ここではトビウオの姿が確認できました。
(写真右端に写っています)水深のあるエリアですが、魚は上を意識しています。
夕方近くにスメルト80gにバイトしたのがこちら。

20150522_5.png 20150522_6b.png

ロッドドはショアガン103XHです。
カケ上がりの上を釣るので、バットパワーを効かせて、一気に寄せます。
動画もありますので、そのパフォーマンスをご覧ください。
なお、ここにきて駿河湾のベイトがやや移動をした模様です。
西か?東か?引き続きフィールドチェックをしていきますので、是非お楽しみに!

20150522_7.png 20150522_8.png 20150522_9.png

 

>動画を見る

名前も新たにお届けする当ブログ。
製品開発の裏話などに加え、ショアジギ関連のフィールド情報もいち早くアップしていく予定です。
そんな速報第一弾は駿河湾の青物ゲーム。

昨年はゴールデンウィーク前から回遊がありましたが、今年は5月に入って安定してきました。
昨日は低気圧の通過後ということでサーフは1投ごとに切れ藻が掛かり釣り辛い状況。
午後からは風も上がる予報のため、風裏となるエリアに早々に移動です。
移動先となるポイントは水面にはベイトも見えていて良い雰囲気です。
しばらくタイミングを待ち、ベイトが水面で騒いだタイミングに浅いレンジで釣れたのがこの魚...

2015_5_14_01.png

 

BWスメルト80gのピングバックグローベリーを着水後にゆっくりジャークしながらのリトリーブにバイトしました。

2015_5_14_02.png 2015_5_14_03.png

 

ちなみにこの画像でジグに装着しているフックは2015年バージョンのスメルトとダックスに採用する標準フック。デコイ製オリジナルの高強度フックです。
ワラサクラスまで安心して使っていただけるモデルです。

2015_5_14_04.png
2015_5_14_05.png

 

当日は昼以降潮が悪くなってしまったものの、比較的長い時間に渡って気配がありました。ちなみに沖にはこんなシイラの姿も、、、夏の訪れを感じさせてくれます(一度だけ射程範囲に入ったものの、食わせきれませんでした)

2015_5_14_06.png

 

タックルはショアガンSFGS-103XHを使いました。

カケ上がりの厳しいエリアでは、フッキング後に強引なファイトをしなくてはいけないため、パワーを備えたロッドで臨みます。
サーフの場合は使用ジグが60g以内であれば103H+という選択もアリです。
とはいえワラサクラスの回遊もありますので、タックルは万全にしておきたいところです。
ラインはバリバス・MAX POWER 10×10の2号。リーダーはバリバス・ショックリーダーフロロ40lb.です。

2015_5_14_07.png

 

> 動画を見る

1