アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > 沼田純一 > ショアジギスペシャルで開発中のジガロ・マッシブ2/2017.2.8

BLOG
17_02_1.jpg

発売間近となったジガロ マッシブ。
カラーやパッケージも決まり、いよいよ発売を待つだけとなりました。
今回はそんなジガロ マッシブについて、カラーラインアップに焦点をあてて紹介したいと思います。
ジガロ マッシブのカラーバリエーションは全9色。
ジガロのカラーバリエーションから新色の追加や入れ替えを行った厳選カラーです。
こちらがそのカラーバリエーション。

 

 

17_02_2.jpg

左側7色はジガロでラインアップされていたものと同じカラー。
フルシルバー系2色は背面と腹面までホログラムを施した4面ホロ。
UV系は紫外線によって発色するオリジナルカラーリングです。
ジガロ マッシブで新たに加わるカラーが右の2色。
グローベース+ピンクバックの「グローピンク」と、スケールフルシルバーのフリンジをベタ黒で塗装した「マスキングブラック」です。

 

 

17_02_3.jpg

グローピンクは特に光度や潮の透明度に関わらず、効く場面が多いカラーの1つです。
定番カラーではありますが、釣り込むほどに外せない1色となるはずです。
反射系で反応が得られない青物も、時として特効的な釣れ方を見せることがあります。
カラーローテーションの幅を広げることができるカラーです。




17_02_4.jpgこちらのマスキングブラックは、以前同じ名前でヘキサーというジグにラインアップがあった色です。
狙いは反射系をベースにしながらも、フリンジを黒で覆い、反射を抑えることで口を使わせるというものです。
この効果に加えて、ジガロファミリーにおいてはシルエットを際立たせることが狙いです。
目線よりも上のジグの存在をしっかりとアピールすることが可能になります。




17_02_5.jpgジガロ マッシブのパケージはこんなイメージです。
店頭にならぶのは4月〜5月を予定しています。是非ご期待ください。




17_02_6.jpg3月放映予定のメタルバスターでも、ジガロ マッシブの性能をご覧いただけます。
是非チェックしてみてください。